奨学金を希望される方

奨学金を希望される方へ 〜 平成28年度の奨学生の募集案内と願書を掲載しました。
奨学金制度の概要
本会では、保護者等が道路における交通事故で死亡したり、著しい後遺障害のため働けなくなった家庭の高校生以上の生徒・学生に奨学金を貸与して進学援助を行い、将来、社会有用な人材を育成することを目的とした事業を行っています。

1.応募資格

交通遺児育英会の奨学金を借りることができる共通の応募資格は次のようになります。
保護者の方(主に父親か母親)が道路上の交通事故で亡くなられたか、または後遺障害者(自賠法施行令別表第1および別表第2の第1級から第7級の障害。または、身体障害者福祉法の第1級から第4級の障害)になったため、働けず経済的に困っている家庭の子女で、高等学校以上の学校に在籍している生徒・学生であること。

2.貸与対象

(1) 学 校
奨学金の種類 貸与対象校
高校・高専奨学金 高等学校、高等専門学校、中等教育学校後期課程
(定時制・通信制含む)、高等学校専攻科、特別支援学校高等部
大学・短大奨学金 大学、短期大学(通信制含む)
大学院奨学金 大学院(修士課程、博士課程、専門職学位課程)
専修学校・各種学校奨学金 専修学校専門課程、専修学校高等課程
専修学校専門課程と同等の各種学校、
諸官庁設置校(大学校、職業能力開発校)、准看護師養成所
(いずれも修業年限1年以上。いわゆる無認可校や予備校は対象外です)
(2) 学力基準

採用にさいして、出願者の学業成績は関係ありません。ただし、奨学生となった後に留年すると、原則として留年中は奨学金を停止します。

(3) 家計基準

保護者の家計の基準額は、家族数によって異なります。保護者にあたる方の収入金額が選考の対象となりますが、保護者と子供2人の3人世帯の収入・所得の目安はおおよそ次の金額以内です。
  給与所得者 給与以外の所得者
高校・高専 780万円 360万円
大学・短大 940万円 520万円
専修学校専門課程・各種 940万円 520万円
給与所得者(会社員・パート・アルバイト含む):源泉徴収票の支払額
給与以外の所得者(自営業・農業等)  :所得証明書の所得金額
補償金・保険金等の受取額は、選考基準に関係ありません。

(4) 年齢制限

奨学金貸与の年齢制限は、応募時29歳までの人が対象です。
応募時26歳から29歳までで、いったん社会人となった後に奨学金を希望する場合は、原則として高校奨学生であった方に限ります。

(5) 貸与期間

一人の奨学生への奨学金の総貸与期間は原則として高校・大学・大学院・専修学校等合わせて9年間まで、奨学金および入学一時金の総貸与額は812万円を限度とします。
同一学校種別の場合、通算で、高校は3年間(高専は5年)、大学は4年間(医学・薬学系は6年)、専修学校は2年間(3年以上の就業年限は当該年間)が最長貸与期間となります。
たとえば、4年制の大学に入学し、1年間奨学金の貸与を受けたのち、退学等で他の4年制の大学に入学し直した場合は、新大学では奨学金の貸与は3年間で終了となります(4年制大学の奨学金は合計で4年間です)。

(6) 外国籍の方

以下の在留資格を持ち、返還完了まで日本に永住することが明白な方には貸与できます。
  • 法定特別永住者、永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者
したがって、外国からの留学生には貸与できません。

(7) その他
  • 本会の奨学金は、他の団体の奨学金と併せて利用できます。
  • 1家庭から何人でも応募できます。また、1学校から何人でも応募できます。

3.奨学金の申し込み種別(平成28年度募集)

交通遺児育英会の奨学生募集には、進学前に奨学金の貸与を予約する予約募集と学校に在学中に申し込む在学募集があります。学校別、予約・在学別の詳しい募集案内をご覧になりたい方は、次の該当するボタンをクリックしてください。
高校・高専 予約募集 高校・高専予約募集へ 在学募集 高校・高専在学募集へ  
大学・短大 予約募集 大学・短大予約募集へ 在学募集 大学・短大在学募集へ
大学院 予約募集 大学院予約募集へ 在学募集 大学院在学募集へ
専修学校・各種 予約募集 専修学校・各種予約募集へ 在学募集 専修学校・各種在学募集へ
(1) 学校別応募資格
  予約応募 在学応募
高校・高専 H29/4月に高校・高専に進学予定の中学3年生 現在、高校・高専に在学している生徒
大学・短大 H29/4月に大学・短大に進学予定の者 現在、大学・短大に在学している学生
大 学 院 H29/4月に大学院に進学予定の者 現在、大学院に在学している学生
専修・各種 H29/4月に専修学校・各種学校に進学予定の者 現在、専修学校・各種学校に在学している生徒
(2) 募集期限
  予約募集 在学募集
高校・高専 第1次:H28.8.31、第2次:H29.2.28 H29.1.31
大学・短大 第1次:H28.8.31、第2次:H29.1.31 H28.10.31
大 学 院 第1次:H28.8.31、第2次:H29.1.31 H28.10.31
専修・各種 第1次:H28.8.31、第2次:H29.1.31 H28.10.31

4.奨学金の種類と貸与額

(1) 奨学金の月額(無利子)
学   校 奨 学 金 月 額 募集人数
高等学校および高等専門学校 2万円、3万円または4万円から選択 400人
大 学 ・ 短 期 大 学 4万円、5万円または6万円から選択 300人
大  学  院 5万円、8万円または10万円から選択 20人
専修学校専門課程および各種学校 4万円、5万円または6万円から選択 150人
専修学校高等課程 2万円、3万円または4万円から選択
(2) 入学一時金(1年生入学後に希望者に貸与。無利子)
学     校 入学一時金の額 募集人員
高等学校および高等専門学校 20万円、40万円または60万円から選択 300人
大 学・短 期 大 学 40万円、60万円または80万円から選択 200人
専修学校専門課程および各種学校 40万円、60万円または80万円から選択 100人
専修学校高等課程 20万円、40万円または60万円から選択
(注)大学院および各専攻科奨学生には貸与されません。

(3) 進学準備金の貸与(本会高校奨学生3年生で、大学・専修学校奨学生申込者のうち希望者。無利子)
学     校 進学準備金の額 募集人員
高校奨学生でかつ大予・専予申込者 40万円、60万円または80万円から選択 100人
(注)進学準備は、入学一時金の前倒し制度です。

5.奨学金の貸与期間と貸与方法

  • 奨学金の貸与期間は、正規の卒業期までです(最短修業年限内となります)。
  • 原則として年に4回:5月、8月、11月、2月に、それぞれ3カ月分の奨学金を本人の口座に送金します。銀行・ゆうちょ銀行(郵便局)ともに送金可能です。採用後の第1回目の送金は、別扱いになります。

6.応募資料の申し込み方法

応募資料を郵送して欲しい方は、次のボタンをクリックしてください。

資料請求頁へ


7.応募資料の印刷(ダウンロード)

応募資料を印刷したい方は、次のボタンをクリックしてください。




8.よくある質問と答え

奨学金を希望される方のよくある質問と答えを参照するには、次のボタンをクリックしてください。

奨学金を希望する方のよくある質問と答え一覧へ