10月21日、本会代表理事・会長の清水司(しみず・つかさ)が、肺炎のため死去いたしました。92歳。

清水氏は新潟市出身。1978年から82年まで早稲田大学総長。中央教育審議会会長や国語審議会会長などを歴任。99年から東京家政大学などを運営する学校法人渡辺学園の理事長、2016年からは名誉理事長を務めていました。マイクロ波の研究に取り組み、97年文化功労者、2000年に勲一等瑞宝章を受章しました。
交通遺児育英会の理事には1995年に就任、2006年6月からは会長として、通算20年以上にわたり、事業運営の効率化、給付事業の拡大など公益事業の充実に尽力しました。