当会奨学生に対して初めての「ヤングケアラー調査」を実施しました。

7月11日

交通遺児育英会では、当会奨学生に対して初めての「ヤングケアラー調査」を実施しました。
結果として、今回の回答者(366名)の内、15.8%の方がヤングケアラーの可能性があることが判明しました。この調査結果については、奨学生の方々のヤングケアラーとしての実態を深く理解する一助にするとともに(来年以降も継続的に実施予定)、当会の今後の支援策立案に活用して、早急な支援策の策定に取り組んで参ります。



     詳しくは、ここを Click