語らいカフェ(地域保護者懇談会)

目的およびこれまでの経緯

地域保護者懇談会「語らいカフェ」は、交通遺児の同じ境遇にある奨学生の保護者の方々に、地域ごとに小規模なグループ懇談の場を設けることで、交通遺児育英会の修学支援事業への理解を深めてもらうと同時に、保護者同士のつながりをつくり、親睦を図ってもらうことを目的として令和4年から開始されました。今年も引き続き、全国6会場で順次開催しています。
安心して生活実態を語っていただき、交通遺児家庭が抱えていらっしゃる今の課題をうかがい知ることで、交通遺児育英会が支援できる部分の解決の糸口を見つけだしていけたらと考えています。


令和5年度開催概要

日程 開催時間 開催地 会場 ご案内の地域
9月26日(火) 13:00〜 神戸市 ANAクラウンプラザ神戸 兵庫県
10月5日5(木) 13:00〜 仙台市 ホテルJALシティ仙台 青森県、秋田県、岩手県、宮城県
10月11日(水) 13:00〜 福山市 福山ニューキャッスルホテル 広島県、岡山県
11月16日(木) 13:00〜 宇都宮市 チサンホテル宇都宮 福島県、茨城県、栃木県
11月30日(木) 13:00〜 大阪市 グランヴィア大阪 大阪府、和歌山県
12月5日(火) 13:00〜 京都市 グランヴィア京都 滋賀県、奈良県、京都府

令和5年12月5日開催(京都市)

今年度最後の語らいカフェは京都市で開催いたしました。京都・奈良・滋賀にお住いの皆さま6名がご参加くださいました。
皆さまにご参集いただき、同じ時間を過ごされたことで、共通の話題も多く、日頃悩まれていることをお話されることで、少しでもお役に立てる機会をご提供できたのではと思っております。お子さんの学校や運転免許取得にまつわる話、また地域での支援についても話題にあがりました。
今回が今年度最後の語らいカフェとなりました。今年度は全国で6回開催させていただき、いずれの地域でも、今後の当会の支援を考える上でも貴重なご意見を賜りました。改めてお忙しい中、お時間を作って参加していただいた保護者の皆さま、本当にありがとうございました。
来年度も多くの保護者の皆さまにご参加いただけますように開催を計画して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

令和5年12月(京都市)



令和5年11月30日開催(大阪市)

今回は大阪市での開催で、府内、和歌山県から10名の保護者様が参加くださいました。
「子供との関わり方」「今後の進路」や「当会の寮・心塾」などが話題にあがり、皆様積極的に発言していただきました。海外語学研修にご参加されたご子息をもつ保護者様より、この研修への参加を機会に、「将来英語を使う仕事をしたい!」と考えるようになったという話をお聞ききし、海外語学研修の経験が糧になっていると感じました。
頂戴しました貴重なご意見・ご要望は今後検討してまいります。今回参加いただきました保護者の皆さま、お忙しい中ご参集くださいまして、ありがとうございました。

令和5年11月(大阪市)


令和5年11月16日開催(宇都宮市)

本年度4回目の「語らいカフェ」は宇都宮市での開催でした。県内で開催ということで都合をつけてご参加くださった保護者様からは「会長をはじめ、皆さんの興味深い話が聞けました」「今後も続けて欲しいです」との感想をいただきました。同じ境遇だからこそ、相談したり、話せる話題も多く、保護者の皆様の懇談会である「語らいカフェ」を開催する必要性を、あらためて実感致しました。この度はご参加いただき、ありがとうございました。


令和5年10月11日開催(福山市)

今回の「語らいカフェ」は、福山市での開催となりました。当育英会からは、前回同様石橋会長が参加し、保護者の方々のお話を直接伺いました。ご子息が「海外語学研修」に参加された保護者の方から「今でもホストファミリーとの交流が続いている」とのお話をいただきました。
さらに「語らいカフェ」についても、「OB・OGが参加できるようになれば嬉しい」「奨学生も参加させては」とのご意見もいただきました。いただいた貴重なご意見は、実現の可能性も含め今後検討していければと考えております。今回もありがとうございました。

令和5年10月(福山市)

令和5年10月5日開催(仙台市)

9月開催の神戸に続き、10月に入って仙台市で「語らいカフェ」が開催されました。当日は、参加された保護者の方からの息子さんの学業相談について、他の保護者から経験談をお話しいただいたり、海外語学研修にご子息が参加された保護者の方から「参加してよかった」とのコメントもいただきました。保護者の方同士のお話が弾んで、予定していた時間を超えることにも。皆さんとても充実した時間を過ごされたようで、事後アンケートにも「同じ境遇になった方々じゃないと分からない事もあるので、良かったです。」とか「援助して頂いている立場から会長へ直接お話する機会を頂けるとは思ってもいませんでした。奨学金という支えの他に心も支え応援してくださっている事を直接感じました。」等のありがたいコメントをいただきました。

令和5年10月(仙台市)

令和5年9月26日開催(神戸市)

令和5年度の初めての「語らいカフェ」が神戸で開催されました。当日は兵庫県にお住いの保護者の皆さんにお集まりいただき、当会に対するいろいろなご意見を頂戴しました。
大屋専務理事より、昨年から広報課を作り、当会の知名度や認知度の向上を目指していることについてご説明を差し上げ、保護者の皆さんからは「今度ホームページを見てみる」等のコメントをいただきました。さらに「高校奨学生と保護者のつどい」に初めて参加された方の感想、お子さんたちの心塾での過ごし方や奨学金の返済に対する質問など多岐に渡る意見交換が都合3時間行われました。参加された保護者の方々からは「初めて同じ境遇の方とお話しでき、知らない情報などいろいろな活動を知れて本当に感謝しています」とか「とても良い時間とお話が共有出来たと思いました」といった感想が寄せられ、皆さん満足していただいたようです。


令和4年度開催記録

令和4年12月15日開催(福岡市)

11月に名古屋市で初めて試行され、続く12月に福岡市で開催されました。
九州各地および山口県から奨学生の保護者計8人が参加し、子どもとの接し方や修学支援のあり方、進路などについて意見を交わしました。

令和4年11月7日開催(名古屋市)

初回の名古屋会場には東海地方(愛知、岐阜、三重、静岡)から計16人が参加。2グループに分かれて、土肥寿員専務理事(当時)らをまじえて懇談しました。参加者からは、子どもとの接し方、進学、交通事故被害者家庭の実情などについて率直な意見や感想が聞かれました。
また、参加者の関心が高かった東京・関西の心塾(学生寮)についても、現在建て替え工事が行われている東京寮(東京都日野市=2024年春開設予定)の概要などについて説明がありました。
名古屋会場参加者のアンケートでは、開催について「満足」とした回答が大半を占め、「同じ境遇の方と話すことで、『自分だけではない』と肩の力が抜けた」「育英会の方々と直接お話ができて安心した」「元気をもらえた」「また開催してほしい」などの意見が挙がりました。一方、「別テーブルの人と話せず残念」「話し足りなかった」との声もありました。

令和4年11月(名古屋市)